売却時に必要な書類は?

車を売るときにはいくつかの書類が必要になります。それらの書類を揃えておくのは当然ですが、きちんと揃えておくことで、査定士さんの印象を良くします。

きちんと揃えてある→車もそれなりに丁寧に乗ったのだろう→従って車の調子も良いだろう。という図式がなりたって査定額アップも可能です。査定士さんは書類を最初に見ますが、最初で印象を悪くしてしまうと何かと不利です。
人間は感情の動物ですから無意識のうちに採点に左右することは当然ありえます。そんなことも考えて、売却時に必要な書類はきちんと揃えておくことをお勧めします。
車を売るときに必要な書類には、車検証と自賠責保険証、その年納めた自動車税の納税証明書、軽自動車なら軽自動車税になります。もし、未納だったら納めないと車検がとおりませんからすぐに納めてください。もし、納税証明書を紛失していたら再発行をしてもらって用意をしておきます。
これらの書類は通常、他では使いませんから車のダッシュボードなどの入れておくようにしてください。特に車検証と自賠責保険証は車の中に常に携帯しておいて、警察官に提示を求められたらすぐに見せることが義務付けられていますから、必ず車の中に入れておいてください。
この他で必要になる書類には、乗用車の場合には、預託済みの場合のリサイクル券、印鑑証明(発行して3ヶ月以内のもの)、実印、引っ越しなどで住所が変わっていた場合は、1回の引っ越しには、住民票を、2回の引っ越しには住民票の除票、3回以上の引っ越しには住民票と戸籍謄本の附票が必要になります。結婚などで姓が変わった場合は戸籍謄本が必要です。軽自動車の場合は、実印も印鑑証明も必要ありません。

Comments are closed.