傷や凹みの修理は?

車を高く売るには、ディーラや中古車販売店に出した方がなにかとお得な車の買取店です。しかし、さらに高い値段で買ってもらうには、様々な方法や知恵が必要です。やり方で車を高く売れるのです。従って、車を買取に出すときユーザーの皆さんは、それぞれにどうしたら車を高く売るかを考えます。

性能はもちろん、見た目も良い車の方が高い査定額がつきます。そんな時、愛車についている傷や凹みがあったら査定額が安くなると思って、査定に出す前に修理をする方がいます。しかし、修理に出すのはあまり得とは言えないようです。
その理由は、自分で修理に出すとそれなりの費用がかかります。しかし、多くの買取専門店では自社の修理工場を抱えていうことが多く、安い修理代で直すことができます。従って、高い修理代をかけたところで、かかった修理代ほど査定額はアップしないのです。高い修理代が無駄どころか、結局損になってしますから、その辺を良く考えて判断してください。
ただ、自分で直せる小さな傷は極力直して見た目を良くしておくことは大切です。もし爪で引っ掻いたような傷なら、コンパウンドとか、下地が見える傷ならマスキングとか色々な方法がありますから試してみてください。タッチアップペンというボディーと同じ色の塗料を塗るのもいいですね。
見た目を良くするといえば、ボディーに付いた細かい傷は太陽の光の下でははっきりと見えてしまいます。
従って細かな傷が見えにくい夕方の薄暗くなりかけの時間帯を選んで査定をしてもらう人もいます。

Comments are closed.