ディーラーの下取りに出す

以前は一般の人が車を売る方法としては、次の車を買うディーラーや中古車販売店だけしかありませんでした。ところが現代では、ディーラーより高く買ってくれる買取専門店に出す人が多くなっています。

ディーラーから新車を買うのですから、下取りの車を高く買ってくれそうな気がします。
提示してくれる下取り価格もそれなりに良いような気がします。
しかし、ディーラー下取り価格が何となく不透明で、値引きと下取りの部分がよくわからなくて、損をしたのか得をしたのかよくわからないという傾向があります。
次の車を買うと同時に、それまで乗っていた車のことをすべてやってくれるのですから、楽と言えば楽なのですが、下取りに出した車があまりにもオンボロ車なら廃車料をとられることもあります。買取店の多くは、よほどのことがない限り買取0円で料金をとられません。それを考えると今までの車を売るには買取店へ出した方が確実にお得です。
従ってディーラーから車を買う時でも、愛車は車一括査定を利用して買取専門店に高く売り、ディーラーから車を買うには、値引き交渉をしっかりしたほうがお得です。
また、ディーラーに下取りを出すときでも、一応、買取に出した場合はどうなるか調べてみて比較検討する価値はあると思うのでお勧めです。比較してみて、そんなに違いがなければディーラーに下取りに出しても遅くはないでしょう。オンラインで大まかな見積が出ますから見てみることをお勧めします。
ただ、オンラインの見積額は大まかな金額です。実査の取引になればもっと低くなるということも頭に入れておいてください。
そして、ディーラーに下取りに出すことだけを考えている方は、他のディーラーと比べることも必要です。知人の例ですが、3つのディーラーに下取りの見積を依頼したら、1つのディーラーは20万円も低かったそうです。

Comments are closed.