オークションを利用する

車の買い替えで、愛車を売るにはオークションを利用して売るという方法もあります。

ただ、オークションに出す場合もメリット、デメリットの両方の面があります。
オークションのメリットは、売ろうとする車が人気のある車種や、特別希少車の場合は、熱烈なファンがいればどこまでも高い金額で落札されることもあります。
そのような希少価値のある車は買取専門店でも、それなりの高額査定は望めますが、ただ、通常の買取専門店では値が付けられないような価格になることも珍しくないのもオークションに出す面白さでありお得さです。
面白さもある反面、オークションのデメリットもあります。オークションで落札すると、落札した金額に応じた金額をオークションサイトに手数料として支払います。車はそれなりに高額ですから、手数料もそれなりに高い金額を払うようになります。
そして、面倒なのはオークションでは遠くの人が落札する場合もありますから、名義変更の問題があります。相手が名義変更をしないでそのままにしておいた場合、自動車税の請求が来てしまいます。それを防ぐためには、一旦自分で廃車の手続きをした方が安全です。
しかし、廃車の手続きをしてしまうと公道を走れません。なので、陸送する費用が発生します。
そして、なんといっても怖いのは、高額な車を知らない相手に売るということです。クレームをつけられる場合もあるようですし、訴えられた人もいます。直接会って話ができないだけに面倒なようです。
オークションを利用して車を売るのは、想像もできない高値で売れる可能性もある反面、かなりリスクが高いようです。それになんといってもオークションのシステムは知らない人にはわかりにくく損をするときもあります。
一番無難なのは、買取専門業者を選んでお得に売る方法が一番確かなようです。

Comments are closed.